不動産登記

契約

不動産の登記とは、その土地や建物についての権利内容を公示するものです。
内容に変更が生じた際は、お早めに手続きすることをお勧めいたします。
登記内容や手続については当事務所までお気軽にご相談ください。丁寧にご説明いたします。



不動産についている担保を消したい

住宅ローン等を完済すると、土地や建物についている抵当権等の担保を抹消することになります。
基本的には、金融機関から書類を受取り、それを使って登記を申請します。

不動産を贈与したい

土地や建物を贈与すると、その不動産の所有者を変更する手続が必要になります。
近年生前贈与等をお考えの方が増えていますが、どういう方法がベストなのかはケースによって違います。
配偶者に贈与したい、子に贈与したい等、まずはご希望をお聞かせください。

住所や氏名が変わった

引越・結婚等で不動産の所有者が住所・氏名を変更した場合は、その変更を登記することになります。
住所・氏名が変わったからといって、権利を失うわけではありませんので、慌てて登記をしなくても支障はありません。
しかし、売買・贈与による所有権移転登記や担保の設定登記、抹消登記といったほかの登記手続のを予定している方は、前提としてこの登記を申請する必要がありますので、注意が必要です。

その他

その他にも、「新しく家を建てた」「不動産を担保に融資を受けたい」「不動産を個人間で売買する」等、様々な登記手続があります。
また、「権利証をなくしてしまった」「海外赴任中だけど手続は出来るのか」等の特殊な場合もご対応いたします。まずはお問い合わせください。